インタビュー|高槻市の矯正歯科 してい矯正歯科

インタビュー
  • HOME
  • インタビュー

私の願いは、矯正治療を通して「笑顔に自信を持ってもらう」ことです

矯正は、一般的な歯科診療のようにマイナスな状態をゼロにするだけでなく、プラスの状態に導ける治療です。見た目が良くなり、虫歯や歯周病などの発症リスクを抑えることも期待できます。

当院は、カウンセリングに力を入れ、患者さまと一緒により良い治療法を追求することを大切にしています。気になることや不安に感じることなどがあれば、遠慮なくご相談ください。それらを真摯に受け止め、分かりやすく説明をします。そして、十分に理解・納得していただいてから治療に進んでいきたいと考えています。

なぜ矯正治療について深く学ぼうとお考えになったのですか?

患者さまがより充実した毎日を送るために、見た目的にも機能的にも貢献できる治療だからです。歯科の分野では、虫歯治療など、マイナスな状態をゼロに持っていくための治療は多くあります。しかし、矯正治療はゼロに持っていったうえで、プラスに変換することができる治療です。
「虫歯になったから治療する」ではなく、「虫歯にならないようにする」ことが可能なので、矯正歯科を通して、皆さまの生活をより良いものにするサポートをしていきたいと考えています。

歯並びが悪いとどのような問題を引き起こしてしまうのですか?

まず、心理的な面でいうと、「コンプレックスが生まれる」「思いきり笑えない」などが挙げられます。口元を気にして人前に立つことを躊躇してしまうこともあるのではないでしょうか。
機能面でいえば、虫歯や歯周病になりやすいということです。歯が重なっている部分はブラッシングが難しく、そこに汚れが溜まりやすくなってしまいます。そうすると虫歯・歯周病のリスクが高まり、歯を失うリスクにつながってしまいます。さらに、顎関節症などを引き起こす原因にもなりますので、そうさせないためにも歯並びが気になる方はぜひご相談ください。

カウンセリングではどのようなことをお伺いし、また伝えていることはありますか?

カウンセリングでは、患者さまの目的や思い描いているイメージ、抱えているお悩みなどをお伺いします。さらに、矯正治療とはどのようなものかを詳しくお伝えし、患者さまが考える矯正治療とのギャップを埋めることから始めます。
また、いつも心がけているのが、「患者さまと一緒に考え、治療を進める」ということです。状態を確認して、「この方法で治療しなさい」と一方的に押しつけるのではなく、その方のライフスタイルや想いも考慮して、話し合いをしながら治療方法を決めていきます。場合によっては、「今すぐやるべきではない」と判断することもあります。
目的に向かってどうするべきかを患者さまと一緒に考え、より良い治療へとつなげていきたいと考えています。

大人の矯正と子どもの矯正、それぞれでどのようなことに気を付けていますか?

お子さまの矯正治療を行う際に大切なのが、本人と親御さまの温度感をなくすことです。多くの場合、親御さまが気にされてお子さまの矯正治療を希望されます。しかし、治療を実際に行うのはお子さまです。その子にやる気がないと装置を煩わしく感じてしまい、精神的なストレスを与えることにつながってしまいます。親子でじっくりと話し合って、お子さまにやる気を持っていただくことが欠かせません。
大人の方の場合は、保定期間の重要性についてお伝えします。装置が付いている時は、多くの方が「治療している」と実感し、前向きに取り組んでくれます。しかし、その後の保定期間になると気が緩んでしまうことはめずらしくありません。保定期間は動かした歯を落ち着かせる大切な期間です。その重要性を分かっていただけるよう、理解してもらえる説明を心がけています。

治療を行った患者さまには、どうなってほしいという想いを持っていますか?

治療をして歯並びをきれいにしたということに、誇りを持っていただきたいと考えています。矯正は簡単な治療ではありません。時間もかかりますし、つらい思いをすることもあると思います。そこまでして獲得した歯並びには大きな価値があると考えています。治療中でも「自分は今頑張っているんだ」と、思い描いたイメージに向かって、前向きに治療に取り組んでいきましょう。